民泊とは?

民泊とは?

民泊とは、個人が住宅の空室やマンションの部屋などに有料で泊めるサービスのことをいいます。日本に来る外国の観光客の増加に伴い民泊を始める人も増えているようですね。民泊の種類は大きく分けて3種類あるようです。
①民泊条例で定める国家戦略特区の民泊
②旅館業法で定める簡易宿所としての民泊
③民宿新法で定める住居として貸し出す民泊

法律の改訂にともない民泊の内容も変化していっていますので理解を深めて行きましょう。

民宿と民泊の違いとは?

民宿も民泊もよく違いがわからないという方が大半だと思います。
民泊は宿泊施設が不足している場合に一時的に個人で旅行客を受け入れることです。

民宿はそもそもが営利目的である為継続的に有償で部屋を提供する事を目的としています。

農林漁業分野、特に農業における体験型の民泊(ただしこちらは農林漁家体験民宿や農業民宿と定義される)もあって、民泊の定義は様々、空き家の活用方法として、民泊が検討されている動きもあります。

民泊ビジネスとマッチングサイト(Airbnb)エアビーアンドビーとは?

インターネットを通じて空室や空家を使い利用者を泊めることで収入を得る民泊ビジネスが有名になっています。

互いに望めば旅行客とのコミュニケーションが図れることも、Airbnbの利用者を増やしている理由だと思いますが
Airbnbの規模は登録物件数は、世界に150万軒以上、日本では2万軒以上です。

東京オリンピックを控えている日本は外国人観光客の受け入れ先は急務であり民泊ビジネスも今後更に発展しそうです。

スポンサードリンク